酵素の効果

●自律神経と酵素の関係

人間の体には自律神経というものがあります。

自律神経とは交感神経と副交感神経に分類でき、状況に合わせて上手く切り替わります。

しかし、睡眠不足や過度なストレス、食生活の乱れなどが原因で
自律神経のバランスが乱れてしまうことがあります。
そうすると交感神経と副交感神経が上手く切り替えをすることができなくなり、
体はもちろん心にも様々な影響を与えてしまいます。

仮に自律神経が乱れた場合、身体的症状として頭痛や耳鳴り、疲労感、動悸、めまい、息切れ、
手足のしびれ、多汗、食欲低下、精力減退、便秘、下痢などが現われます。
さらに不眠、イライラ、不安感、恐怖心、集中力低下、記憶力低下、無気力といった精神的症状も現われます。
これらの症状はほんの一部なので、この他にも様々な症状が体と心に現われると思ってください。

そして、自律神経の乱れをそのまま放置してしまうと
うつ病に発展するケースもあるので注意しないといけません。


酵素はこのような自律神経の乱れを改善するのに効果的です。

酵素には内臓のストレスを回復させ、乱れた自律神経を整える働きがあります。
自律神経を安定させることができれば、気持ち良く眠ることができますし、
心が落ち着いているのでそう簡単にイライラすることもありません。
体調も良くなり、健康的な生活を送ることができるので、仕事や勉強にもプラスの効果が生まれます。

 

 

私、酵素サプリ飲んでます!商品ごとに口コミをご紹介

酵素サプリ口コミランキング


酵素や酵素サプリについての豆知識

 

ページの先頭へ戻る